2013年5月12日 (日)

野鳥観察 オオルリ 滝沢村

今年は5月の連休も気温が低く、野鳥の姿があまり見られなかったが、

気温も上がり、活動も活発になってきた様子。早朝から観察に出かけ

「オオルリ」の姿を見つた。今月いっぱい「幸せの青い鳥」を楽しめそう。

Dsc_8771

Dsc_8772

Dsc_8782

| コメント (2)

2013年1月 2日 (水)

2013年 謹賀新年 ミコアイサ

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

写真は、盛岡高松の池にてミコアイサの飛翔を撮影しました。

Dsc_8607

Dsc_8608

Dsc_8574

| コメント (2)

2012年9月 8日 (土)

京都大原 三千院

 ~女ひとり~

作詞  永 六輔

作曲  いずみ たく

歌   デューク・エイセス

京都 大原 三千院
恋に疲れた 女が一人
結城に塩瀬の 素描の帯が
池の水面に 揺れていた
京都 大原 三千院
恋に疲れた 女が一人

 Dsc02234

Dsc02157

Dsc02154

Dsc02169

Dsc02161

Dsc02172

Dsc02178

| コメント (3)

2012年9月 6日 (木)

北陸紀行 能登半島の千枚田

この夏は、滋賀県の長浜市までバイクでツーリング。その途中で立ち寄り。

石川県能登半島の千枚田の風景です。金沢市内から往復で約200km。

写真を撮るために急ぎトンボ帰りでしたが、価値ある写真が撮れました。

Dsc02345

Dsc02337

Dsc02338

| コメント (4)

2012年8月 2日 (木)

ミスジチョウ 御所湖

湖畔の渓流を散策していると緑の葉に映えるチョウに遭遇しました。

とりあえず写真に納めて帰宅。図鑑で調べるとタテハチョウの仲間で

「ミスジチョウ」という名前らしいです。胴体が蒼く輝き美しい蝶ですが、

特に珍しいチョウではありませんでした。でも被写体としては十分です。

Dsc_6432

Dsc_6438_2

| コメント (4)

2012年7月21日 (土)

野鳥記録 カワセミ 馬渕川

橋の上から川を眺めると青い鳥が、飛び交っているのが見えた。

残念ながらカメラ(一眼)を持ってきておらず、コンパクトカメラで撮影。

記録程度のつもりで帰宅後、画像を見ると以外に綺麗に撮れていた。

焦点距離810mm相当の30倍ズームに魅せられて購入したのだが、

初めて良い写真が撮れたかも。

状況は、枝に留まっている幼鳥に親鳥が餌を運んでいる様子。

幼鳥と言ってもほとんど親鳥と変わらず、見分けはつかなかった。

次回は一眼にサンニッパ+テレコンの同条件で撮影してみたい。

Dsc01744a

Dsc01753a

Dsc01755a

| コメント (3)

2012年7月17日 (火)

紫陽花 梅雨明け

明日にも岩手は梅雨明けする予報です。

県南のあじさい園にて満開の花を撮影。

何処に出かけても蒸し暑い今日この頃・・・

8月は満開のひまわりを撮りに行こう!

Dsc_6316

Dsc_6313

Dsc_6311

| コメント (2)

2012年4月15日 (日)

野鳥記録 キジ 滝沢村

キジは、岩手県の鳥に指定され、1万円札にも印刷されています。

珍しい鳥ではないのですが、鳴き声すれど姿見えずは良くある話。

本日、天気も良く近所を探鳥して歩くと鳴き声無く、堂々と現れました。

春の日差しに照らされたキジの青緑色の羽はとても美しいです。

これから更に野鳥の季節。週末は忙しくなりそうです。

Dsc_8318

Dsc_8321

Dsc_8320

| コメント (3)

2012年3月25日 (日)

野鳥記録 滝沢村 ヒバリ

春近し!です。近隣の田んぼでヒバリの鳴き声を聞き、探鳥に出発~。

ヒバリの体色が冬枯れの田んぼ色。なかなか見つけるのが難しいです。

じっくり田んぼを眺めてると微妙に動く個体を発見?双眼鏡でヒバリを

確認。カメラを構えてファインダー越しに見ると見分けが付かなくなり、

再び肉眼で探して→双眼鏡で確認して→カメラのファインダーでロスト(汗

ようやく撮影出来たのが、この2枚です。逆立った可愛い冠羽が特徴です。

写真で拡大しても見つけづらいです。これなら外敵に襲われ難いでしょうね。

Dsc01385

Dsc01384

| コメント (3)

2012年3月10日 (土)

御所湖畔 コチョウゲンボウ

探鳥するもなかなか野鳥は発見出来ず。これも自然の面白さです。

あきらめて帰る道すがら、田んぼのあぜに1匹の猛禽を発見~♪

距離が遠くにわかバードウォッチャーには、種別の判別できません。

とりあえず、写真に収めて家に帰り、野鳥図鑑で調べたのですが、

「コチョウゲンボウ」に似ている感じなので暫定でタイトル決めました。

何方かご存知の方、判定をよろしくお願いいたします。(^^;)

Dsc_8316

Dsc_8309

Dsc_8284

| コメント (3)

2012年3月 4日 (日)

蕪栗沼 仔タヌキ

蕪栗沼は、宮城県の野鳥観察スポット。珍鳥を求めて訪問するが、

期待していたタンチョウ鶴はすでに去った様子。マガンを観察して

いると何処からとも無く、仔タヌキの兄弟が餌を求めて出現。

周辺の水鳥達も驚く様子無く、平和でほのぼのとした風景。

その後、夕暮れと共にアシの中に消えて行きました。

Dsc_7970

Dsc_8096nef

Dsc_7956

| コメント (4)

2012年2月26日 (日)

パンダガモ(ミコアイサ) 高松の池

先週は、見落としていた白黒カラーのミコアイサ。

どうしても撮影したくて今週も高松の池に出向いてみました。

巫女の衣装に似ているのが和名の由来です。「巫女秋沙」

その姿は、パンダのようでとても可愛い。冠羽もお洒落です。

Dsc_5957

Dsc_8252nef

Dsc_8249

Dsc_8165_2

| コメント (3)

2012年2月19日 (日)

野鳥記録 滝沢村 ツグミ

近所のナナカマド街道。心待ちにしているレンジャクは現れません。

最近はツグミの大群が飛来してナナカマドの実を食い散らかす始末。

ツグミが来るとカワラヒワは、姿を見せなくなりました。ツグミの群れが

去った後、違う種類の野鳥集団が飛来するのを期待しつつ記録撮影。

ツグミ Dusky Thrush

Dsc_5697

Dsc_5746

Dsc_5737

| コメント (4)

オオバン&キンクロハジロ 高松の池

今年は、野鳥の飛来が少ないようで近所のナナカマドも寂しいかぎり。

なので珍鳥を求めて盛岡市内の高松の池まで出向いてみました。

特に変わった鳥に出会う事もなく、白黒カラーの2種を撮影して帰宅。

春が待ち遠しい今日この頃です。

オオバン Fulica atra  1枚目

キンクロハジロ Aythya fuligula 2枚目 3枚目

Dsc_5852

Dsc_5879

Dsc_5878

| コメント (4)

2012年1月30日 (月)

天峰山で想う

http://iwatenokaze.cocolog-nifty.com/blog/2010/10/20101028-b60d.html

上記のリンクは、小原正彦さんの今回の写真展で案内の葉書になりました、

天峰山から眺めた岩手山の写真です。同じ景色を見るため冬の天峰山へ。

あの日の師匠が撮影している姿を想像して同じアングルで撮影してみました。

時間も季節も違う天峰山からの眺めですが、同じ場所に立って同じように

カメラを構えた瞬間、目の前には、はっきりと師匠の姿が見えました。

Dsc_7827

Dsc_78272_2

| コメント (4)

«苺 桃薫 西根町